頭皮のフケがでる原因と対策

頭皮のフケがポロポロ出る
なかなかおさまらないという方も多いと思います。

私もときどきフケが出ます。
そこでいろいろ対策をしています。

ではまずフケについて紹介していきたいと思います。

頭皮のフケがでる原因と対策

フケの正体は?

フケは「頭垢」ともいい、頭の皮膚から生じた老廃物のことです。
頭皮の新陳代謝で剥がれた角質細胞で、健康な人にももちろん発生します。

どうしてフケがでるの?

通常、洗髪やブラッシングなどにより、頭皮の老廃物は目立たないうちに体から落ちてしまいます。

しかし、フケが急に増えて髪や衣類などに溜まってしまう場合、頭皮に何らかのトラブルが起きているのかもしれません。

フケの量が増える主な原因としては、まずタイプの異なる2つの皮膚炎があげられるでしょう。

http://bihadayousei.info/touhi-fuke/

乾燥性皮膚炎

頭皮の乾燥性皮膚炎は、湿り気のない、細かなフケが特徴と言われます。

皮膚の新陳代謝が活発になると、老廃物の発生も増えます。
そのため新陳代謝が活発な乳児にも、このタイプの頭垢がある程度見られることは多いようです。

正常な新陳代謝で発生するフケに比べ、多量であったりかゆみがあるなどの場合、皮膚炎の可能性も出てきます。

乾燥性皮膚炎は、肌の乾燥しがちな冬によく起こるといわれています。
ですが、その他の理由によってもフケを増やしてしまう場合があります。

http://bihadayousei.info/touhi-kansou/
洗髪

かゆみがあったりフケが出るからといって、日に何度も洗髪をするのは逆効果となる場合が多いようです。

乾燥性皮膚炎のケアは保湿が第一とされます。
必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、頭皮が十分な潤いを保てません。
すると、外部からの刺激やアレルゲンとなる物質によって頭皮がダメージを受けやすくなるといわれます。

また、刺激や洗浄力の強すぎるシャンプーやヘアケア剤なども、皮脂を過剰に落としてしまいがちです。

パーマやカラーリング剤

パーマ、カラーなどで薬品を使用する際、よく「髪を傷めるのでは」という懸念を抱かれると思います。
実際は髪より頭皮の方が薬液のダメージを受けやすいとされるようです。
かゆみ、フケなどの症状がある場合は施術を見合わせる、もしくは事前にスタイリストさんに相談してみるのが良いでしょう。

その他に、病気の治療に使っている薬の副作用や、ストレス、加齢などの原因でも頭皮は乾燥するとされます。
またアトピー性皮膚炎の場合でも、同じように細かな乾いたフケが発生するともいわれます。

脂漏性皮膚炎

大きめのフケ、あるいはベタついたり湿っているフケが増えた場合は、脂漏性皮膚炎の疑いがあるようです。

頭皮は通常、皮脂によって刺激や乾燥から守られています。
しかし過剰な皮脂は、髪のベタつきやかゆみ、フケや匂いの元になってしまいます。

また、脂漏性皮膚炎の原因菌とされるマラセチア菌を増殖させてしまうともいわれています。

http://bihadayousei.info/shirouseihifuen-genin/

マラセチア菌とは?

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌(癜風・でんぷう)菌による皮膚の炎症で、フケが大量に出るとされます。
マラセチア菌とは、カビ(真菌)の一種です。
この菌はヒトの肌に常在し、皮脂を栄養としています。
誰の皮膚にもある程度はついていますが、皮脂の分泌過剰などの理由で増殖してしまうと、炎症の原因となってしまうのです。

この脂漏性皮膚炎では、医師の診断を受けてマラセチア菌を殺菌する治療が必要となります。

たかがフケ、と軽く見て放置すると、症状は悪化してしまいます。

脂漏性皮膚炎は、抜け毛が出るなどの症状にも繋がるとされています。

・洗髪してもすぐに大きめのフケが出る
・辛いものなど刺激のある食べ物を摂取すると強いかゆみやフケが出る
・頭から脂臭や加齢臭のような臭いがする

などの場合は、早めに専門医を受診した方が良いでしょう。

自己判断で洗髪の回数を増やしたり、市販薬をあれこれ試したりするのは控えた方が良いようです。
また、低血圧・低体温でも症状の悪化が見られる、という研究結果も出ているようです。
(※ソース https://www.jstage.jst.go.jp/article/mmj/53/2/53_97/_pdf)

http://bihadayousei.info/shirouseihifuen-taisaku/

フケを抑えるには?

髪や衣服にフケがしょっちゅうついていては、他者に良いイメージを与えにくいでしょう。
他にも頭皮の荒れやかさぶたなど、放っておくと様々な症状が出るおそれもあります。

適度な清潔と保湿

まずは予防として、ご自身の肌にあったシャンプーやヘアケア製品を選び、丁寧な洗髪を心がけることが大事かもしれません。

過度の洗髪は良くないようですが、頭皮に汚れが多く残ったままではフケの発生につながります。

また、乾燥による軽度のフケの発生を抑える場合は、保湿用の美容液などを使用するのもひとつの手でしょう。

http://bihadayousei.info/touhibiyoueki/

適切な治療

炎症を起こしてしまっている場合は、原因や個人の体質によって処方や治療法は異なります。

医師の診断を仰いだ上で、原因に対応した治療を受けるのがもっとも良いと思われます。

http://bihadayousei.info/touhi-kayumi-fuke-hifuka/

生活習慣の見直し

脂分の取りすぎや過労などで体調が崩れると、頭皮にもカサつきやかゆみなどの影響が出るようです。
食事のメニューは栄養バランスを意識する、疲労はできるだけ溜めないようにするなど、心身に負担の少ない生活を送るよう気をつけたいものです。

http://bihadayousei.info/seikatsusyuukan/

まとめ

現代では、単なる汚れが原因ではないフケの発生も多くあるようです。
治りにくい・症状がひどくなってきた、などの場合は専門的な治療が必要かもしれません。

なお、皮膚炎は慢性化の恐れもありますので、できるだけ早めに医師の指示を仰いだ方が良いでしょう。