頭皮が乾燥してしまう原因と対策

顔や体の皮膚同様、頭皮も乾燥に注意する必要があるとされます。
頭皮を乾燥させてしまうとどんな影響が出るのか、なぜ乾燥するのか、またその対処法などをあげていきたいと思います。

頭皮が乾燥してしまう原因と対策

頭皮が乾燥するとどうなる?

頭皮は普段、適度な皮脂の膜に覆われることで、汚れや紫外線から皮膚を守り、水分の蒸発を防いでいます。

乾燥のため潤いを失った肌には、カサカサしたりかゆくなったりといった症状が現れがちです。
頭皮にも顔や手足の肌と同様、乾燥すればカサつき、角質細胞が剥がれるなどの症状が出ます。

乾燥状態の頭皮から多くの角質細胞剥がれると、それが「大量のフケ」になるわけです。
悪化するとフケがますます増える他、かゆみのある箇所を掻いて傷をつけたりすれば、炎症を起こします。

また乾燥している頭皮は、血行も良くない状態であると言えます。
血行が悪いと髪の発育が不十分になり、抜け毛や薄毛を招きやすいとされるようです。

頭皮が乾燥する理由

では、どんな理由から頭皮が乾燥状態になってしまうのでしょうか。

季節など自然条件の影響

冬は空気が乾燥しているため、顔などに肌荒れを起こす方もいらっしゃると思います。
頭皮もやはり、乾燥した空気によって潤いを奪われるとこがあります。
エアコンなどによって、さらに乾燥がひどくなる場合もあるでしょう。

しかし、冬だけでなく夏場にも注意は必要です。
原因は「日焼け」。
強い日差しは頭皮からも水分を蒸発させます。

また、頭皮の紫外線によるダメージは、顔の皮膚の2倍以上になると言われています。
乾燥した頭皮が紫外線にさらされ続けることで、フケやかゆみの他、シミや抜け毛といった症状にも繋がりやすいようです。

体調不良

睡眠不足や疲労の蓄積、また、ビタミン不足など栄養の偏りは、お肌のトラブルを招きがちです。
頭皮ももちろん、体調がすぐれない場合には、その影響を被りやすいといえます。

また、頭皮には多くの毛細血管があります。
ストレスなどで血行が悪くなると、酸素や栄養が行き渡りづらくなり、保湿も不十分な状態になりやすいといえるでしょう。

洗髪の仕方

暑い時期など、汗をかいたらすぐ頭を洗いたいという方もいらっしゃると思います。
ですが1日に複数回の洗髪は、頭皮を傷める原因になってしまう場合が多いようです。
汚れと一緒に、必要な量の皮脂まで落としてしまうと、頭皮を乾燥状態にしてしまう主な要因となります。

また、ゴシゴシとかきむしるような洗い方や、熱いと感じるほどのお湯を使うすすぎ方なども要注意です。
洗髪の際は、爪や湯温に気をつけ、頭皮を傷つけないように注意を払うことが肝心でしょう。

シャンプーなどの使い過ぎも、頭皮には良くないようです。
さらに、トリートメントなどは頭皮や髪に残らないよう丁寧にしっかりすすぐことも大切です。
その他、ご自身の肌質に合わないシャンプーやトリートメントなどを使った場合も、頭皮の乾燥を招く場合があります。

乾燥が悪化すると、かゆみばかりでなくヒリヒリするような痛みを感じることもあるようです。
その場合は医師の治療が必要な状態になっている可能性がありますので、早めの受診をおすすめいたします。

http://bihadayousei.info/touhi-kayumi-fuke-shampoo/

疾患など

アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などをお持ちの方は、頭皮も乾燥しやすい傾向にあるようです。
また、体内の水分が減少したり、皮脂の制御が困難になるような疾患をお持ちの方も、頭皮を含む肌の乾燥トラブルがおきやすいとされます。

他に、病気などの治療のために服用あるいは使用している薬品に、肌の乾燥を招きやすくなる副作用を持つものもあるようです。

治療中の疾患などがある場合、頭皮の感想についても主治医の指示に従っていただきたいと思います。

頭皮の乾燥を防ぐには?

過剰なヘアケアをしない

洗髪の方法でも、洗髪に使うヘア関連製品でも、「適度に洗う・適度に使う」を心がけてみてはいかがでしょう。
髪や頭皮のケアは「適度に清潔」な状態をキープするにとどめておいたほうが良いかもしれません。

また、パーマやカラーリングなどでも、

・皮膚に合わない薬品での施術
・適切な日数を置かずにパーマやカラーを繰り返す

といった施術方法は、頭皮の乾燥を抑えたい場合、控えた方がよさそうです。

帽子の活用

とにかく、乾燥している場所に長時間頭皮をさらさないことが最善かもしれません。
気候による乾燥に対処する方法のひとつとして、帽子をかぶることも効果的であると言われます。
冬場だけでなく日差しの強い時期も、頭皮を直射日光から守って乾燥を防ぐことが大事です。
蒸れにくい素材、清潔にしておける素材を使った帽子であればなお良いでしょう。

保湿液など

最近では、頭皮のための保湿美容液なども多く市販されているようです。
オイルやローションなど種類も豊富で、利用している方が男性女性を問わず大勢いらっしゃるようです。
こちらも用法・用量はきちんと守り、また心配であれば医師にも相談の上で、上手に使っていただければと思います。

頭皮に使うものはしっかり選んで使うことが大切です。

すこやか地肌
私は頭皮のかゆみがひどく、フケも出るし頭皮がデコボコでかさぶたもできるということでいろいろなシャンプーや頭皮美容液なるものを使ってきました。 そういった経験をもとに人気になっているすこやか地肌という頭皮美容液も当然使ってみました! ...

まとめ

頭皮の乾燥には様々な原因があり、その対処法も「これが効く」「これで治る」と一口には言えないのが現状です。
「頭皮はデリケートで乾燥には非常に弱い」ということを認識して、正しい生活習慣・正しいケアを心がけていただければと思います。