頭皮のかゆみ、フケを抑えるためのシャンプーの選び方

頭皮のかゆみやフケといった症状を経験して、「シャンプーが合わないせい」だとお考えになったことはありませんか?

今回は、シャンプーの違いで何故フケやかゆみが起きてしまうのか、髪や頭皮に良いシャンプーはどうやって選ぶかを考えていきたいと思います。

頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの理由はさまざまです。
しかし一般的に知られている中で、かゆみを引き起こしやすいといわれる原因には、以下のようなものがあります。

・頭皮の乾燥、また乾燥による炎症
・皮脂が過剰に分泌され、それによって菌が増殖し起こる炎症

頭皮の乾燥、また乾燥による炎症

まずは、頭皮の乾燥・乾燥性の炎症についてです。

水分が足りず乾燥している肌は、体のどの部位でもかゆみを引き起こすことがあります。
頭皮も乾燥によって、かゆみを覚える場合はあります。

少し掻いておさまるかゆみならば、さほど問題はないと言えるでしょう。

ですが、「何度掻いてもかゆい」「掻けば掻くほどかゆい」というように、症状がひどくなるケースは問題です。
爪で頭皮を傷つけてしまったり、夜に眠れなかったりと、心身ともにダメージを受けてしまう場合もあります。

 

頭皮が「乾燥性皮膚炎」という炎症を起こしてしまった場合は、医師の治療が必要です。
皮膚炎を起こした箇所が、シャンプーなどが刺激になって悪化する恐れもあります。

最初はかゆみだけでも、放置すれば大きなトラブルになってしまうこともある頭皮の乾燥。
そういった症状を避けるためにも、きちんとした予防ケアをしておくことが大切ではないでしょうか。

 

皮脂が過剰に分泌され、それによって菌が増殖し起こる炎症

次は頭皮の過剰な皮脂と、そこに繁殖する雑菌が引き起こす炎症についてです。

頭皮は通常、分泌される皮脂と汗などが溶け合った皮脂の膜で覆われているとされます。
この皮脂膜は細菌感染や紫外線、汚れなどから頭皮を守る大事な役割を果たしています。

ですが、ストレスや過労・脂分の多い食事などの理由から、皮脂の量が増えすぎてしまう場合があります。

すると、この皮脂を栄養にしている常在菌の一種が、異常繁殖をしてしまうのです。

 

マラチセア菌という真菌(カビ)は、どんな人の皮膚にも普段からいる「常在菌」です。
この菌はヒトの皮脂を餌にしており、食事の際には皮脂を分解します。
そこで分解された物質の一部が酸化して毒性を持つため、菌の数があまりに多いと、炎症を起こす要因となるわけです。

脂漏性皮膚炎の場合、医療機関の診察を受け、菌を殺すための処方を出してもらうのが一番早い治療法でしょう。

頭皮のかゆみがでる原因と対策
暑いところやほこりっぽい場所に長時間いた後、「頭がかゆい」と感じることは、誰にでもあることでしょう。 ですが、「シャンプーしたばかりなのにかゆい」「我慢できないほどのかゆみがある」「気がつくとほぼ1日中頭を掻いている」といった症状が出...

フケの原因

フケは頭皮の老廃物です。
従って、普段から適切なヘアケアをしていれば、逐一気になるほどの発生はしにくいと思われます。

ですが、洗髪してもすぐにフケが出てしまうとか、急にフケの量が増えてしまったなどの症状が出ることもあります。
こういったケースでは、頭皮に何らかのトラブルが起きていると考えられるでしょう。

上記の「かゆみの原因」でとりあげた「乾燥性」と「脂漏性」の2つの炎症は、フケの原因にもなるとされます。

乾燥性のフケ

乾燥性のフケは、乾いて細かい状態がほとんどです。
主に傷んで剥がれてしまう頭皮であるといわれます。
乾燥性皮膚炎でも、かゆみとこのタイプのフケが伴ってみられるようです。

脂性のフケ

脂性のフケは、その頭皮に過剰に分泌された皮脂などがまとわりついているため、ベタベタして大きいとされます。
脂漏性皮膚炎は、こういったフケが症状としてあげられます。

また、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎、乾癬(かんせん)などの皮膚疾患などがフケの原因となることもあります。

ストレスや、自分に合っていないヘアケアでフケが出る場合もあるそうです。

もし、丁寧な洗髪や生活習慣の改善で症状が治まらない場合は、一度専門医の診断を仰いだ方が良いでしょう。

頭皮のフケがでる原因と対策
頭皮のフケがポロポロ出る なかなかおさまらないという方も多いと思います。 私もときどきフケが出ます。 そこでいろいろ対策をしています。 ではまずフケについて紹介していきたいと思います。 頭皮のフケがでる原因と対策 フケの...

シャンプーで防げる「かゆみ」と「フケ」

かゆみやフケは、通常、髪や頭皮が適度に清潔で健康な状態であれば出ない症状です。
ですから、炎症を引き起こす要因がない頭皮であれば、好きなシャンプー類を使って良いはずです。

以前は、「泡立ちが良い」「香りが良い」といった面から選ばれるシャンプーが多かったのではないでしょうか。

しかし最近では、「頭皮を傷めない」「ノンシリコン」「オーガニック」などの基準で選ぶ方も増えてきたようです。

そういったシャンプー類の中で、「かゆみ」や「フケ」予防の効果が期待できるものはあるでしょうか。

・洗浄力が強すぎるシャンプー類はかゆみのもと?

石油系成分・高級アルコール系成分の入ったシャンプーは頭皮に良くない、という意見があります。
「ラウリル硫酸」「スルホン酸」といった成分表示で記載されているこれらの界面活性剤の成分には、強力な洗浄力があるといわれます。

そのためシャンプーの際に必要な皮脂まで洗い流し、頭皮を乾燥させてしまう恐れがあると敬遠される方もおられるようです。

頭皮の皮脂を過剰に落としてしまうのであれば、結果として、かゆみにつながる可能性はあるでしょう。

シャンプーのせいでフケが出る?

フケはシャンプーの成分よりも、すすぎをしっかりせずシャンプーやトリートメント類が頭皮や髪に残ってしまうのが原因といわれます。

ただ、洗浄力が過剰なシャンプー類を使ったため頭皮が乾燥してフケが多くなる、というケースも考えられます。

その他に、しっかり髪を乾かさないでおくと、雑菌の繁殖でフケが増えるとも言われるようです。

フケ・かゆみを抑えるシャンプー選びのポイント

乾燥フケと脂性フケ

近頃では、髪のケア以上に頭皮のケアを重視したシャンプーやトリートメント製品などが市販されています。
頭皮ケアがメインのシャンプー類の中には「フケやかゆみを抑える効果」をうたった製品も多いようです。

ですが、乾燥性のフケ・かゆみと脂漏性のフケ・かゆみでは、シャンプー類の選び方が違ってくる場合もあります。

予防のためには、どちらのタイプでも、

○肌への刺激が少ない
○保湿効果が適度に期待できる

といったシャンプー類が好ましいでしょう。

薬用シャンプーの効果は?

「薬用シャンプー」として市販されている製品は、たいてい「脂漏性」の方が使用すると良いタイプのようです。

脂漏性のフケやかゆみなどは、ほぼ真菌やその他の雑菌が繁殖することが原因となります。
薬用シャンプーは菌の餌となる皮脂を分解するタイプのものと、抗炎症作用が期待できるものの2つが主とされます。

ですので、「脂漏性皮膚炎」予防が期待できるシャンプーといえるでしょう。

頭皮に優しいシャンプーとは

洗浄成分として「アミノ酸系」「石鹸系」などの界面活性剤を使用したシャンプー類は、髪や頭皮にやさしいと言われます。
また、シャンプー類に注目が集まっているようです。

アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

【メリット】

洗浄成分、つまり界面活性剤に「アミノ酸」成分を使用している製品がアミノ酸系シャンプーと呼ばれます。

アミノ酸は、人体を構成するタンパク質の一種でもあります。
頭皮や髪の成分とも共通するため、洗髪の際に過度の刺激を与えないとされます。

また頭皮の保湿効果も期待でき、乾燥性のトラブル予防にも良いといわれているようです。
デリケートな頭皮や、傷んだ髪を時間をかけてケアしたい方には良いシャンプー類と言えるでしょう。

【デメリット】

洗浄力が穏やかであるため、髪や頭皮がひどく汚れている場合、複数回洗うなど手間がかかることもあります。

また保湿性が高いため、髪や頭皮に脂分が多い方には、ベタつきを感じる等の意見もあるようです。

石鹸系シャンプーのメリット・デメリット

【メリット】

動植物性の油脂分が界面活性剤の成分となります。
通常、多くの方が「石鹸」として思い浮かべる固形のせっけんと同様の洗浄成分です。
石油系・高級アルコール系に比べると馴染み深い成分を使用しているため、安心感があるようです。

比較的安価な製品が多く市販されており、洗浄力は石油・アルコール系に比肩するほど高いとされます。

また、生分解性が高いため、洗髪時の廃水が環境に悪影響を与えにくいことも高評価につながっているようです。

【デメリット】

石鹸は「アルカリ性」であるため、弱酸性の肌にはやや刺激を与えるとされています。
健康な頭皮や髪であればさほど問題はないようですが、頭皮が乾燥しがちな方は、使用を控えたほうが無難かもしれません。

シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプー

洗浄成分とは無関係ですが、「シリコン配合のシャンプーは頭皮に良くない」という風評が広まったことがあります。
「毛穴が詰まる」「かゆみや抜け毛の原因になる」などといわれたようですが。現在では、それらは医学的に根拠のない説とされています。

シリコン入りのシャンプー類は、主に「髪の指通り」「髪のツヤ」などをよくするとされます。

髪をシリコンでコーティングすることによって、摩擦やドライヤーの熱などのダメージから髪を保護するための成分のようです。

しっかり洗い流すことを前提とすれば、シリコン含有の有無は、頭皮にはさして影響を与えないと言えるでしょう。

まとめ

最近では、シャンプーやコンディショナーなどをブランドや価格ではなく、成分で選ぶ方も増えているようです。
また、髪のためだけでなく「スカルプケア」や「頭皮ケア」をメインにしたシャンプー類も数多く市販されています。

それだけ「頭皮をいたわる」ことに関心を持つ方が増えてきたということかもしれません。

ただし、どの製品についても効用には個人差があります。
一口に「良い成分」といっても、全ての方に同じ良い効果をもたらすとは限らないでしょう。

ご自身の肌質やダメージの度合いなどを把握した上で、そのケアに適した製品を選んでいただきたいと思います。

おすすめのシャンプーはこちら

頭皮のフケ・かゆみにおすすめのシャンプー比較
頭皮のフケやかゆみの改善にシャンプーはとても関係していると思います。 私も実際シャンプーを変えるだけでかゆみなどがなくなったり、また出たりということがあります。 それくらいシャンプーは大事だと思います。 私もこれまでいろい...