頭皮美容液を使うのも一つの方法

「スキンケア」という言葉はすっかり定着しているようですが、近年、「スカルプケア」という言葉も聞くようになりました。

スカルプとは頭皮のこと、スカルプケアとは、顔や体の肌と同じように頭皮もお手入れするということになります。

頭皮を健康な状態に保つことで、「かゆみ」「フケ」「抜け毛」「臭い」などのトラブル予防が期待できるといわれます。
また、美しい髪をキープするためにも頭皮のケアは重要とされているようです。

頭皮ケアに利用される「頭皮美容液」には、どのような効能があるのでしょう。
また、どのようにして選んだら良いのでしょうか、

頭皮美容液とは

お顔の手入れをする際に使われる、化粧水や美容液。
頭の地肌、つまり「頭皮」にも、いまやケア用の化粧水・美容液が多数市販されています。

顔用の化粧水には肌に合わせて様々なタイプがあるように、頭皮用にも目的別の美容液が登場しています。

頭皮美容液の種類と効用

乾燥対策用

フケ、かゆみ、炎症などといったトラブルの主な原因になりやすいのが、「頭皮の乾燥」です。

乾燥した空気や紫外線は、頭皮の乾燥を招きがちです。
保湿性のある美容液は、頭皮に適度な潤いを与える効果が期待できるとされます。
毎日のケアを続けて適度な頭皮の潤いを保てば、地肌や髪の乾燥トラブルの予防につながるでしょう。

また、乾燥からくる頭皮のかゆみは、掻くことによってフケの量を増やしたり、皮膚を傷つけて炎症を招いたりしがちです。

乾燥性のかゆみに対応した頭皮美容液の中には、短時間でかゆみを抑える効果があるという製品も出ています。

かゆいから掻く、患部が悪化してさらにかゆくなる、といった悪循環に陥りがちな乾燥性のトラブルを回避する効果が期待できるでしょう。

皮脂の多い頭皮対策用

頭皮がベタつく、脂っぽいフケが出るなどの悩みは、どちらかというと男性に多いようです。

余分な皮脂は乾燥性とは異なるフケの増加や臭いの原因にもなるとされます。
洗髪も基本的には、不必要な脂分や汚れを落とすのが目的です。

つけた感じが「サッパリ」「すっきり」系の皮脂を抑える頭皮美容液は、やはり男性に好まれているイメージがあります。
もちろん女性用にも、皮脂の多い方に適しているとされる頭皮美容液があります。

ただ、皮脂は過剰に落としてしまうと、不足分を補うためさらに多量の皮脂を分泌してしまう場合があります。

決められた使用量を超えたり、同種の化粧水を複数並行しての使用などは控えた方が良いでしょう。

また清涼感を重視するあまり、刺激の強すぎる化粧水や美容液を使って頭皮を傷めるケースもあるようです。

適度な保湿により適度な皮脂量を保っている頭皮が、健康な頭皮です。

用法や用量はしっかり守り、少しでも頭皮に異常を感じたら、すぐに使用を中止することをおすすめいたします。

その他

頭皮そのものに対するケアの他、育毛や増毛のためにまず地肌を整える、という目的の美容液もあります。
また、髪質をより高めるためのスカルプケアという観点からつくられたものもあるようです。

こちらも、肌に関して合う・合わないの個人差があると思います。
使用の際は効能だけでなく、成分などをよく確かめた方が良いかもしれません。

おすすめのと頭皮美容液

私も頭皮が痒くて頭皮美容液を使ったりしています。

そこでおすすめなのがすこやか地肌です。

人気実績のある頭皮美容液です。
気になる方はチェックしてみてください。

http://bihadayousei.info/touhibiyoueki/

頭皮美容液の使い方は?

顔や体でも、化粧水や美容液はまず「汚れを落としてから」使用するのが基本ではないでしょうか。
即効性でかゆみや臭いを抑えるなどの効能がある製品を除けば、頭皮の美容液も同じ筈。

市販されている多くの頭皮美容液が、「洗髪後」の使用を推奨しているようです。

その後、髪をどの程度乾かしてからつけた方が良いか、どのようにして皮膚に浸透させたら良いかなどは、製品によって異なるかと思います。

また、洗い流しが必要なクリームなどの場合は、濯ぎ残しのないようにしっかり流すことをおすすめします。

まとめ

スキンケア同様、頭皮を良い状態に保つためのスカルプケアは、トラブル予防にとても良い習慣と言えるでしょう。

ですが、せっかくケアしたつもりでも、用法を間違えると逆効果を招きかねません。

まずは個々の製品の説明書をきちんと読んで、正しい使い方を把握しましょう。

その上で、使用を控えた方が良い体質や症状などにあてはまらないかを確かめ、指示を守ってお使いいただきたいと思います。